治療のご案内Our Service

たるみ治療 (顔や目のたるみの原因と改善のための施術)

症状に合わせて皮膚の各層へアプローチ。
メスを使わない「タカミ式たるみ治療」

  • 施術前
  • 施術後

“顔のたるみ”は、患者様一人ひとりによって原因が異なるため、同じ施術を行っても効果が異なります。皮膚表面の問題だけでなく、皮膚内部 の構造変化、筋肉の衰えなどもしっかりと把握した上で、最適なアプローチ方法を決定することが、たるみ治療において重要なプロセスだと当院は考えます。

“メスを使わないフェイスデザイン”を7万件以上行ってきた経験から得た独自のノウハウや技術力、デザイン力を駆使し皮膚の各層に異なるアプローチを行うことで、たるみを改善し理想的なフェイスラインが叶います。

現在すでに起きてしまっているたるみの現象の改善はもちろんのこと、加齢などによって今後起こりうるであろう、たるみに対する「たるみ予防治療」も行っておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

たるみの原因

たるみは、主に以下の3つの原因が複合的に組み合わさることで現れてきます。

皮膚の弾力低下

肌の奥の“真皮層”にあるコラーゲンやエラスチンなど、肌の弾力に関わっている繊維が加齢とともに減少することで、肌の弾力やハリが失われていきます。

筋膜(SMAS)、表情筋の衰え

顔の表情筋は手足の筋肉と異なり、骨ではなく真皮層に直接くっつき、皮膚の土台を形成しています。そのため、加齢により表情筋が衰えると肌全体を支えきれず、重力に負けて下へ垂れ下がることで、たるみを引き起こします。
また、表情筋と一体になって顔を構築している筋膜(SMAS)も、加齢とともに緩み、下垂することで、たるみを引き起こします。

皮下脂肪の増加・下垂

皮下組織は主に皮下脂肪(脂肪細胞)で構成されています。皮下脂肪が厚いほど、重力の影響や皮膚や筋肉の衰えにより、脂肪の重みを支えきれなくなり、脂肪が下方向へ落ちることでたるみが起こります。
特に頬の肉付きのよい下ぶくれやあごの小さい方ほど、顔の脂肪が支えきれずたるみを引き起こしやすい傾向にあります。

たるみの症状別の施術メニュー

頬のたるみ

頬のたるみ

加齢に伴う、皮膚の弾力低下、筋膜(SMAS)の緩み、表情筋の衰えにより、支えきれなくなった頬の皮膚や皮下脂肪が、重力に負けて下垂することで、頬のたるみは引き起こります。
また頬のたるみが起こることで、「法令線」や口角の横にできるしわや影が目立つようになり、より老け顔に見える原因につながります。

特に肉付きの良い人は、頬の脂肪を支えきれずたるみを引き起こしやすい傾向にあるため、改善はもちろん予防治療も大切です。たるみの原因に合わせて、メスを使わない安全な治療をご提案いたします。

治療メニュー

目の下のたるみ

目の下のたるみ

加齢に伴う、目周りの皮膚組織の弾力低下による「皮膚のたるみ」、目周りを支えている眼輪筋肉の衰えにより、目の下のたるみは引き起こります。
また、目の下中央部分が膨らみ目の下に凹凸が生じているたるみは、目周りを保護している脂肪(眼窩脂肪)が重力と加齢により前方へ押し出されることが原因です。
この2つの要因により、目の下に凹凸が生じることで、より目の下のたるみや目の下のくまが目立ちます。

さらに、加齢に伴い頬が痩せることで、目の下の脂肪によるふくらみと、頬部分との高低差が強く出てしまい、よりたるみが強調されます。この場合は、目の下の脂肪のふくらみにアプローチする治療と同時に、凹みに高さを出す治療が必要となります。
たるみの原因に合わせて、メスを使わない安全な治療をご提案いたします。

治療メニュー

上まぶたのたるみ

上まぶたのたるみ

加齢に伴う、上まぶたの皮膚の弾力低下による皮膚のゆるみ、眼瞼挙筋(目を開ける筋肉)の弛緩によって、上まぶたのたるみが引き起こります。

上まぶたのたるみは老化を感じやすく、メスを使わずに改善を求める方が多い治療部位ですが、外科的手術以外に改善が難しいとされてきました。レーザー医療技術の進化、治療技術の向上により、切らない上まぶたのたるみ治療が可能となりました。たるみの原因に合わせて、メスを使わない安全な治療をご提案いたします。

治療メニュー

あご下のたるみ

あご下のたるみ

加齢に伴う、皮膚の弾力低下、筋膜(SMAS)の緩み、表情筋の衰えにより、支えきれなくなった頬の皮膚や皮下脂肪が、重力に負けて下垂することで、あご下のたるみが引き起こります。体重が増加していないのに、二重あごになる場合はたるみが原因です。

あご下は顔の中でも脂肪の厚い部位で、特に肉付きの良い方は、脂肪を支えられなくなり、たるみを引き起こしやすい傾向にあるため、改善はもちろん予防も大切です。たるみの原因に合わせて、メスを使わない安全な治療をご提案いたします。

治療メニュー

施術メニュー

※ 当院はすべて税込価格表記となります

【初診料】3,240円 【再診料】1,080円

症例写真

頬のたるみ

  • 施術前
    施術前
  • 治療後
    治療後

目の下のたるみ

  • 施術前
    施術前
  • 治療後
    治療後

上まぶたのたるみ

  • 施術前
    施術前
  • 治療後
    治療後

あご下のたるみ

  • 施術前
    施術前
  • 治療後
    治療後

恐れ入りますが当クリニックは完全予約制です。初診と再診でご予約の際の電話番号が異なりますのでご注意ください。

  • 初診の方はこちら

    03-5414-6000
  • 再診の方はこちら

    03-5414-6300

電話受付時間 10:00~20:00

初診の方限定 WEB予約はこちら【しわ・たるみ治療】 

「初診(しわ・たるみ治療)」専用のWEB予約フォームです。
7日以上先の日程
をご希望の方にご利用いただけます。

※WEBからのお申し込み翌営業日中にコールセンターから[予約内容確認メール]を送信します。 ご返信頂いた時点で予約確定となります。

※近いお日にちをご希望の方、再診の方、およびしわ・たるみ以外の診療をご希望の方は、お電話にてご予約ください。

高見洋院長

監修者情報

高見洋(たかみひろし) 美容皮膚科タカミクリニック 院長

東京慈恵会医科大学医学部卒。慈恵医科大学付属病院皮膚科、および同大学レーザーセンター外来にて、アトピー性皮膚炎から皮膚癌、色素失調症(しみ、あざ等)等多くの臨床経験を積む。
1999年、“ニキビを短期間で治す”の想いから「タカミクリニック」を開設し、一般皮膚科領域に美容の観点を取り入れた診療を開始。以来、ニキビ・毛穴などの美肌治療から、レーザー治療・ヒアルロン酸注入によるエイジング治療まで幅広く提供する総合美容皮膚科の院長として、日本人はもとよりアジア人に最も適した美容医療を独自の理論で追及し続ける。