治療のご案内Our Service

タカミ式メソバスト

針・メスを使わずに肌の深部にまでバストアップ溶剤を導入。
痛み・ダウンタイムはなく、施術直後から、ハリ・弾力・透明感のある理想的な上向きバストを実感していただけます。

施術効果

  • ハリ・弾力の強化
  • 美白効果
  • 保湿効果
  • 女性ホルモンの活性化
  • 血液、リンパの流れを促進

施術内容

皮膚に微弱な電気を与えることで、バストアップ効果、美肌効果の高いバスト専用導入液を痛みを伴わずに肌の深部に導入。バスト専用液導入後、女性ホルモンに似た作用を持つ、大豆イソフラボンやコラーゲン、エラスチンを含むバストジェルを使用してマッサージすることで、リンパの流れも良くなり、胸元にハリ・透明感を与えます。バストの下垂を予防し、バストアップ効果が期待でき ます。

特長

  • 大豆イソフラボン等、バストアップに最適な植物エキスを配合したバスト専用導入液を使用。
  • 電気的な刺激とローラーによるマッサージ効果により、乳腺が刺激されてバストアップ効果がもたらされます。

施術時間

施術内容 施術時間
タカミ式メソバスト 45分

施術の流れ

  • 肌状態・生活・体調等をお伺いし、その方のお肌状態にあった施術内容をご提案します。プライバシーが保たれるよう、全てのお部屋は個室となっております。

  • 肌を乾燥させないよう、お部屋には加湿器を完備。また、快適にお過ごしいただけるよう、事前にお部屋を暖めて(涼しくして)お迎えします。

  • 微弱電流を流すための電極パッドを体に装着します。

  • ホットタオルで胸元を温め血行を良くします。

  • 専用クレンジングで軽く拭き取り、汚れなどをしっかり落とします。
    その後PHコントロール剤でお肌を弱酸性にします。
    (細胞間に一時的に水路を作るにはお肌を弱酸性にする必要があります。)

  • 専用のソフトピーリング剤で角質汚れをふき取ります

  • バスト専用導入液を塗布した後、ペン状の電子針を用いて皮膚の細胞間を電気の力で一時的に開かせ、バスト専用導入液を流し込む水路を作ります。

  • 開かせた細胞間にローラーを用いて、バスト専用導入液を導入します。
    ※⑦⑧の工程を両方のバストに行います。

  • バストジェルでマッサージを行い終了です。

よくあるご質問

バストサイズは変わりますか?
サイズの変化というよりは、ハリと弾力、透明感のある美しいバストを体感、満足していただいております。
脇に流れてしまったお肉もバストに戻せますか?
マッサージを組み合わせることで、脇に流れたお肉もスッキリと感じていただけます。

施術料金

施術内容 施術時間 1回 10回コース
料金 ※1
タカミ式メソバスト+マッサージ 45分 35,200円 316,800円
  • コース料金は1年間有効です。
  • 初診料:3,300円(再診料:1,100円)
  • 当院はすべて税込価格表記となります。

恐れ入りますが当クリニックは完全予約制です。初診と再診でご予約の際の電話番号が異なりますのでご注意ください。

  • 初診の方はこちら

    03-5414-6000
  • 再診の方はこちら

    03-5414-6300

電話受付時間 10:00~20:00

[関連リンク]

恐れ入りますが当クリニックは完全予約制です。初診と再診でご予約の際の電話番号が異なりますのでご注意ください。

  • 初診の方はこちら

    03-5414-6000
  • 再診の方はこちら

    03-5414-6300

電話受付時間 10:00~20:00

初診の方限定 WEB予約はこちら【しわ・たるみ治療】 

「初診(しわ・たるみ治療)」専用のWEB予約フォームです。
7日以上先の日程
をご希望の方にご利用いただけます。

※WEBからのお申し込み翌営業日中にコールセンターから[予約内容確認メール]を送信します。 ご返信頂いた時点で予約確定となります。

※近いお日にちをご希望の方、再診の方、およびしわ・たるみ以外の診療をご希望の方は、お電話にてご予約ください。

高見洋院長

監修者情報

高見洋(たかみひろし) 美容皮膚科タカミクリニック 院長

東京慈恵会医科大学医学部卒。慈恵医科大学付属病院皮膚科、および同大学レーザーセンター外来にて、アトピー性皮膚炎から皮膚癌、色素失調症(しみ、あざ等)等多くの臨床経験を積む。
1999年、“ニキビを短期間で治す”の想いから「タカミクリニック」を開設し、一般皮膚科領域に美容の観点を取り入れた診療を開始。以来、ニキビ・毛穴などの美肌治療から、レーザー治療・ヒアルロン酸注入によるエイジング治療まで幅広く提供する総合美容皮膚科の院長として、日本人はもとよりアジア人に最も適した美容医療を独自の理論で追及し続ける。