治療のご案内Our Service

ほくろ除去

タカミクリニックのほくろ治療とは

一般的なほくろ治療の現状

ほくろ取りというと以前は鋭利なメスで外科的にえぐりとる処置が行われていましたが、最近はレーザーを用いるのが主流になっています。しかし、まだそのほとんどが“レーザーメス”と呼ばれるCO2レーザーだけで施術をしているというのが現状です。

もちろんメスでえぐる方法より術後の経過はいいのですが、メスで切り取るという行為は本質的にはあまり変わらないのです。また医療機関によっては、術後の陥没などの跡を残さないで取ることが技術的に不可能だったり、レーザーなどの器材が不十分だったり、ほくろ治療に対する医師の認識が不十分(深くえぐってでも、とにかく黒い部分が取れれば良いという考え方、つまりほくろを取るとある程度、跡が残るのは当たり前という考え方)であったりすることがまだまだ多いのが現状です。

当院のほくろ治療

当院では、ほくろをつくるメラニン色素に反応するレーザーをCO2レーザーと併用することで、より美しくほくろを取ることを可能にしました。必ず、最初に問診・視診を行い、悪性のものでないことを見極めてから治療いたします。また、施術前に処置内容について、詳しく説明いたします。

施術内容

まずCO2レーザーでほくろを小さく削っていきます。CO2レーザーのみでほくろを取りきろうとすると、黒いメラニン色素以外の部分まで広めに削らなくてはいけません(これによりほくろ除去後、くぼみが大きく残ってしまうことがあります)。

そのため、ほくろの症状によっては、CO2レーザーのみで除去せず、メラニンだけに反応するレーザーも併用し、メラニン色素のみを蒸散させる方法もあります。これにより、周囲の正常な細胞には全くダメージを与えずに最小限の処置でほくろをとることができます。また、メラニンだけを選択的に蒸散させるため、最小限でも取り残しが少なく、再発のもっとも少ない方法といえます。

また、ほくろに毛が生えているような場合には 脱毛用レーザーを使ってその毛根を死滅させます。
さらに、ほくろが大きく盛り上がっており、皮膚の深くまで色素があるような場合、術後の陥没を残さないために数回に分けて施術する場合があります。
出来るだけ1回の施術で対応いたしますが、よりきれいに確実にほくろを取ることが出来る場合は回数を分けることをおすすめしております。また、顔だけでなく首にできたほくろ・いぼなども簡単に取ることが出来ます。

  • CO2レーザー
  • QスイッチNd-YAGレーザー
  • Qスイッチルビーレーザー

施術時間

ほくろ1個 3~5分程度
  • 大きさと深さによって多少変わります。

症例写真

  • 治療前
    治療前
  • 治療後
    治療後
  • 治療前
    治療前
  • 治療後
    治療後
  • 治療前
    治療前
  • 治療後
    治療後

施術料金

処置内容 部位 1回料金 2回目以降料金
ほくろ除去
(レーザー施術料金のみ)
1mm 8,800円 3,300円
2mm 17,600円 6,050円
3mm 26,400円 8,800円
4mm 35,200円 11,550円
  • 初診料:3,300円(再診料:1,100円)
  • 別途麻酔代 1,100円~3,300円
  • 当院はすべて税込価格表記となります。

ご注意

診察料、麻酔代に加えて、術後のケアとして処方される外用薬などの料金も必要となります。

※当院では、ほくろを除去するだけではなく、その後の傷の治りを早めるとともに色素沈着を防ぐために、レチノイン酸ゲルとハイドロキノンクリームを処方しております。

外用薬名 料金 効果
ハイドロコロイド 330円~ 傷口から出る浸出液を吸収し湿度を保つことで、
傷のより早い治癒を促します。
レチノイン酸ゲル 5,500円 ターンオーバーを正常にし、肌の再生を促進します。
ハイドロキノンクリーム 5,500円 傷の色素沈着を防ぎます。

※ほくろのサイズの目安について

下の写真を目安として、ご参考にしてください。

  • 治療前
    【2mm大の目安】
  • 治療後
    【3mm大の目安】

恐れ入りますが当クリニックは完全予約制です。初診と再診でご予約の際の電話番号が異なりますのでご注意ください。

  • 初診の方はこちら

    03-5414-6000
  • 再診の方はこちら

    03-5414-6300

電話受付時間 10:00~20:00

高見洋院長

監修者情報

高見洋(たかみひろし) 美容皮膚科タカミクリニック 院長

東京慈恵会医科大学医学部卒。慈恵医科大学付属病院皮膚科、および同大学レーザーセンター外来にて、アトピー性皮膚炎から皮膚癌、色素失調症(しみ、あざ等)等多くの臨床経験を積む。
1999年、“ニキビを短期間で治す”の想いから「タカミクリニック」を開設し、一般皮膚科領域に美容の観点を取り入れた診療を開始。以来、ニキビ・毛穴などの美肌治療から、レーザー治療・ヒアルロン酸注入によるエイジング治療まで幅広く提供する総合美容皮膚科の院長として、日本人はもとよりアジア人に最も適した美容医療を独自の理論で追及し続ける。