治療のご案内Our Service

フラクショナルレーザー治療

肌の真皮層にエネルギーを与え、新しい肌へ再構築を行うフラクショナルレーザー治療

お肌の悩みに対応した、2種の機器、5タイプのレーザー治療をご用意しました。多少のダウンタイムがあっても効果を求めたい方、じっくり回数を重ねて治療したい方など、症状やご希望に合わせて医師が最適なレーザー治療をご提案します。

フラクショナルレーザー治療とは

フラクショナルレーザーとは、皮膚にレーザーを照射し、目に見えない微小な孔(傷)を開けて、瘢痕組織の収縮と正常組織への再構築を促し、コラーゲンを増勢させることにより、ニキビ跡、傷跡、毛穴、お肌の若返りに効果のあるレーザー機器です。

フラクショナルレーザーには主に「ノンアブレイティブタイプ(レーザーによる熱作用利用した治療)」と「アブレイティブタイプ(皮膚の剥脱を行うような治療)」との2種類があります。

施術効果

  • ニキビ跡の凹み
  • 毛穴縮小
  • タイトニング(たるみ)
  • しわ改善
  • 傷跡修正
  • 肌質改善(肌の若返り)

施術内容

当院では、フラクショナルレーザーの導入にあたり、医師・看護師で各機器のモニター実験を回数を重ねて行った結果、最も日本人のデリケートな肌に最適で、ダウンタイムが少なく、高い治療効果を発揮する「アファームマルチプレックス」と、ダウンタイムが少なくより治療効果が高く色素沈着の少ない「スマートサイド・ドット」の2種を選択。ニキビ跡や毛穴の症状にダウンタイムの有無に合わせて、フラクショナルレーザーを使い分けた治療を行っています。

アファームマルチプレックスとは (ノンアブレイティブタイプ)

「アファームマルチプレックス」は0.1mmと言う極細のマイクロビームの束(1?あたり1200本)を高密度にレーザー照射する事で、今まで患者様に負担を与えていた痛み・ダウンタイムのリスクを大幅に軽減しました。

効果に比例しダウンタイムも長くなるものですが、「アファームマルチプレックス」は効果とダウンタイムのバランスが最も優れている機器といえます。
レーザー治療が初めての方はもちろん、過去にレーザー治療で満足のいく結果を得られなかった方や痛みやダウンタイムが気になる方に最適な最新レーザーです。

また、一度に2種類のレーザー( 1440nm:皮膚の浅い層、 1320nm:皮膚の深い層)をほぼ同時に照射できるため、相乗効果はもちろんのこと、1回の治療で2つの効果が期待できるのもメリットです。
ニキビ跡の凹み、傷跡、毛穴の改善を行う従来の「アファーム」に、真皮深層へのアプローチでお肌の奥から強力なリフトアップ効果のあるレーザーが追加搭載されたのが「アファームマルチプレックス」です。

表皮から真皮上層にアプローチする1440nmレーザーに、真皮中層から真皮深層のコラーゲンを活性化させるためにアプローチする1320nmレーザーが追加搭載されたことにより、お肌の奥から強力なリフトアップ効果が生まれ、フェイスラ インのたるみを引き締めます。
「アファームマルチプレックス」は表皮から真皮深層までを1回の照射でアプローチが可能なフラクショナルレーザーで、肌質と共に、たるみ改善効果をご希望の方におすすめです。

スマートサイド・ドットとは (アブレイティブタイプ)

「スマートサイド・ドット」は、微細な炭酸ガスレーザー光をドット状に照射することで、効果的にコラーゲンの生成を促進させ、ニキビ、傷跡、毛穴を改善するCO2フラクショナルレーザーです。

スマートサイド・ドットの特長である「スマートパルステクノロジー」は、通常のパルス波形と異なり、フラクショナル治療に最も適した2段階ピークパルス(スマートパルス)を搭載し、その2つの異なる波形をバランスよく融合することで皮膚に十分な蒸散(穴)効果を持たせつつ、効率よくサーマルエフェクトを与えることができます。

またパワー、パルス幅、ドットピッチ、スタックモードの4種の設定パラメータは自在に可変設定ができ、症例・部位など個別の症状に合わせてきめ細かい治療に対応できます。さらに、照射パターン・形状・大きさの調整もできるので瘢痕のポイント治療から広範囲治療まで症例にあわせて細かい部位まで照射が可能なレーザーです。
色素に反応しないレーザーのため、スキンタイプを選ぶことなく照射が可能です。

タカミ式の特長

タカミ式フラクショナルレーザー治療の他院との違い

近年、フラクショナルレーザーは急速に普及しましたが、痛み・ダウンタイムの問題から、機器のスペックが十分に発揮されていないケースもある様に感じていました。

当院では肌質改善・毛穴縮小などの美肌効果を求める方には、術後の赤みや腫れが無い「タカミ式フラクショナルレーザー治療Type1・Type2」を、ニキビ跡をしっかり治したい方への「タカミ式フラクショナルレーザー治療Type4・Type5」など、ダウンタイム・症状・料金から選べる5タイプのオリジナルメニューを用意しました。

経験を積んだ技術の高い専門スタッフが患者様一人ひとりの症状や肌反応に適する様に微調整を行うため、1回の照射でも肌質が変化し、機器の施術効果の可能性を最大限に発揮するのがタカミ式フラクショナルレーザー治療です。

治療の種類(お悩み別)

施術効果 ノンアブレイティブ
(アファーム)
アブレイティブ
(スマートサイド)
Type1 Type2 Type3 Type4 Type5
ニキビ跡の凹み
傷跡 - -
しわ -
タイトニング(たるみ) - -
毛穴縮小
肌質改善・美肌維持
Type1
肌質改善・毛穴縮小
Type2
肌質改善・毛穴縮小・しわ・タイトニング
Type3
浅いニキビ跡・肌質改善・毛穴縮小・傷跡修正・しわ
Type4
深いニキビ跡・肌質改善・毛穴縮小・傷跡修正・しわ・タイトニング
Type5
より深いニキビ跡・肌質改善・毛穴縮小・傷跡修正・しわ・タイトニング

効果とダウンタイムの関係(参考)

症例写真

フラクショナルレーザー治療(毛穴・ニキビ跡凹み)  20代前半  女性
  • フラクショナルレーザー治療(毛穴・ニキビ跡凹み)の症例写真 20代前半 女性
治療内容

頬の毛穴やニキビ跡の凹みに対して、『タカミ式フラクショナルレーザー治療』のType2を2~3週間おきに8回行いました。
治療後のお写真は、8回目の照射から5週間後のお肌です。
※サイノシェア社製アファームマルチプレックスを使用

費用
タカミ式フラクショナルレーザー治療 Type2 両ほほ 1回 19,440円
通院期間

6ヶ月

通院ペース

2~3週間に1度 8回

【タカミ式フラクショナルレーザーに関する詳細・注意事項】

注意事項/副作用
Type2
・施術後数時間は赤みや腫れ・日焼け直後の様なひりつき感を感じます。症状は強さや肌の状態によって異なります。
・施術当日からスキンケア、お化粧が可能です。洗顔の際は強く擦らずソフトにおこなってください。
・施術当日や、赤みが継続している間は湯船には入らずシャワー浴のみとし、熱い温度でのシャワー浴は避けてください。
・施術後3~4日で表皮が薄く剥がれ、乾燥が出てくる事があります。普段よりも保湿をきちんと行うようにしてください。
・ごく稀に施術後は熱反応によりかさぶた・水疱が出来ることがあります。
・レーザー施術後は季節に限らず色素沈着予防のため、日焼けをしないように注意してください。
・施術に対する反応・効果には個人差があります。
・施術には繰り返し数回の治療が必要となります。

フラクショナルレーザー治療(毛穴・ニキビ跡凹み)  30代後半  女性
  • フラクショナルレーザー治療(毛穴・ニキビ跡凹み)の症例写真 30代後半 女性
治療内容

皮膚にレーザーを照射し、目に見えない微小な孔(傷)を開けて、瘢痕組織の収縮と正常組織への再構築を促し、コラーゲンを増勢させることにより、ニキビ跡、傷跡、毛穴、お肌の若返りに効果をもたらす『タカミ式フラクショナルレーザー治療』のType4、Type5を5回行っております。
※Type4サイノシェア社製アファームマルチプレックス、Type5 DEKA社製スマートサイド・ドット使用。

費用
タカミ式フラクショナルレーザー治療 Type4 両ほほ 1回 43,740円
タカミ式フラクショナルレーザー治療 Type5 両ほほ 1回 66,950円
通院期間

8ヶ月

通院ペース

1~2ヶ月に1度 5回

【タカミ式フラクショナルレーザーに関する詳細・注意事項】

注意事項/副作用
Type4
・施術後数時間は赤みや腫れ・日焼け直後の様なひりつき感を感じます。症状は強さや肌の状態によって異なります。
・施術当日からスキンケア、お化粧が可能です。洗顔の際は強く擦らずソフトにおこなってください。
・施術当日や、赤みが継続している間は湯船には入らずシャワー浴のみとし、熱い温度でのシャワー浴は避けてください。
・施術後3~4日で表皮が薄く剥がれ、お肌のざらつきと乾燥が出てくる事があります。普段よりも保湿をきちんと行うようにしてください。
・ごく稀に施術後は熱反応によりかさぶた・水疱が出来ることがあります。
・レーザー施術後は季節に限らず色素沈着予防のため、日焼けをしないように注意してください。
・施術に対する反応・効果には個人差があります。
・施術には繰り返し数回の治療が必要となります。

Type5
・施術前後は必ず日焼け止め(SPF35以上)をご使用ください。また施術直後(当日)は日焼け止めの塗布が不可のため、日傘、帽子、サングラスで日差しを保護してください。
・施術直後は日焼けをした感じの赤み、ほてり感、部位によっては腫れや浸出液がでますが、数時間後には落ち着きます。
・治療後1~3日のうちに痛み、赤み、浸出液はほとんど落ち着きます。
・施術当日の洗顔・洗髪・入浴は控えてください。
・施術後約2日目から施術部位にドット状のかさぶたが発生し、施術部位や肌状態によって3~4日、長い方では1週間ほどで徐々にはがれていきます。
・施術後1週間はシャワーのお勧めします。またスポーツやサウナ、飲酒等も施術部位の発赤があるうちは控えてください。
・照射設定により1~2か月赤みが残ることがあります。体調による肌が敏感な状態や術後のケア状態によっては、稀に炎症後色素沈着を生じる可能性があります。
・施術に対する反応・効果には個人差があります。
・施術には繰り返し数回の治療が必要となります。

禁忌事項
・妊娠中・妊娠の可能性のある方、てんかん発作の既往歴のある方。
・光照射により反応が起こる、もしくは反応が高まる薬を服用中の方。
・日焼けをしている方、日焼けをする予定のある方。
・近日中にレーザー・光治療・脱毛を施術部位にされた方。
・施術部位に金の糸、その他金属(チタン、ステンレスなど)、プロテーゼの挿入がある方。
・施術部位に悪性に変化しそうな色素病変、肝斑のある方。皮膚に炎症がある方。
・感染症の既往がある方、悪性腫瘍の疑いのある方。

施術料金

タカミ式フラクショナルレーザー治療Type1、Type2

部位 1回料金 5回コース料金 ※1
16,200円 76,950円
両ほほ 19,440円 92,340円
鼻・両ほほセット 21,600円 102,600円
10,800円 51,300円
あご 10,800円 51,300円
両こめかみ 10,800円 51,300円
顔全体 31,320円 148,770円
部分照射(5ショット以内) 8,020円 -

タカミ式フラクショナルレーザー治療Type3

部位 1回料金 5回コース料金 ※1
22,240円 105,640円
両ほほ 26,680円 126,730円
鼻・両ほほセット 29,650円 140,830円
14,820円 70,390円
あご 14,820円 70,390円
両こめかみ 14,820円 70,390円
顔全体 43,000円 204,250円
部分照射(5ショット以内) 10,950円 -

タカミ式フラクショナルレーザー治療Type4

部位 1回料金 5回コース料金 ※1
36,450円 173,130円
両ほほ 43,740円 207,760円
鼻・両ほほセット 48,600円 230,850円
24,300円 115,420円
あご 24,300円 115,420円
両こめかみ 24,300円 115,420円
顔全体 69,970円 332,350円
部分照射(5ショット以内) 17,980円 -

タカミ式フラクショナルレーザー治療Type5

部位 1回料金 3回コース料金 ※1 5回コース料金 ※1
43,200円 123,120円 194,400円
両ほほ 66,950円 190,800円 301,270円
鼻・両ほほセット 74,480円 212,260円 335,160円
37,240円 106,130円 167,580円
あご 37,240円 106,130円 167,580円
あご・フェイスラインセット 66,460円 189,410円 298,980円
両こめかみ 37,240円 106,130円 167,580円
顔全体 108,000円 307,800円 486,000円
部分照射(5ショット以内) 27,640円 -
  • コース料金は1年間有効です。
  • 初診料:3,240円(再診料:1,080円)
  • 当院はすべて税込価格表記となります。

施術の流れ

  • ご来院

  • 洗顔。(メイク落とし・洗顔料はご用意しております)

  • 診察。医師が症状を拝見し、照射設定や麻酔の有無を決定します。

  • 麻酔クリーム塗布。約20分おいたのち、洗顔していただきます。(設定によっては麻酔不要の場合もあります。)

  • 照射。(設定によって看護師もしくは医師が照射を行います。)

  • 冷却。ひりつきが軽減するまで冷却します。必要に応じて軟膏を塗布します。

  • 終了。パウダーブースで、スキンケア・メイクをしていただきます。(Type5の場合は、スキンケア・メイクはできません。)

よくあるご質問

処置した当日はメイクできますか?
ノンアブレイティブタイプのフラクショナルレーザー治療Type1~4の場合は、処置後当日からメイク可能です。アブレイティブタイプのType5は当日はメイク、スキンケアはできず、翌日から可能となります。ただし、いずれも肌をこするなど強い刺激は避けていただきます。
赤みはどの位残りますか?
タイプによって、肌状態によっても赤みの残り方は異なりますが、フラクショナルレーザー治療Type5は処置後から赤みが強く表れ、3日~1週間程持続します。ノンアブレイティブタイプのフラクショナルレーザー治療Type1~4は、翌日まで残ったとしてもメイクで隠せる程度で、3日以内には落ち着く方がほとんどです。
毛穴やニキビ跡の凹みはどの位でよくなりますか?
フラクショナルレーザー治療は、1回の照射で肌の10~20%を入替えると言われておりますので、最低でも5回以上は行っていただいております。
治療の間隔はどの位あければよいですか?
実際には医師が診察にて治療間隔を決定しますが、目安としては、フラクショナルレーザー治療Type1~4は3~4週間に1度、フラクショナルレーザー治療Type5は1~2か月に1度程度のペースとなります。

施術概要

フラクショナルレーザー治療(ノンアブレイティブタイプ ※Type1~4)

施術内容 フラクショナルレーザー治療Type1~4(アファームマルチプレックス)は、極細のマイクロビームの束を高密度に肌に照射し、瘢痕組織の収縮と正常組織への再構築を促し、コラーゲンを増生させる治療法です。ニキビ跡、傷跡、毛穴、お肌の若返りなどに効果が期待できます。
所要時間(目安) 麻酔クリーム20分+施術10分(両ほほの場合)+冷却30分
※別途、診察やご案内等のお時間が必要となります。※設定によっては麻酔不要の場合もあります。
治療間隔(目安) 3~4週間おきに5回以上の施術をお勧めしています。※対象疾患・程度により個人差があります。
痛み [照射中]輪ゴムではじくようなピリッとした痛みがあります。
[照射後]強い日焼け直後のような熱感やひりつきを感じる場合があります。
メイク 施術当日からスキンケア、メイクが可能です。
ダウンタイム
(術後の反応)
[照射直後]施術後数時間は赤みや腫れ・日焼け直後の様なひりつき感を感じます。
[施術後3~4日]赤みがほとんど落ち着きまます。表皮が薄くはがれ、肌のざらつきと乾燥が出てくることがありますが、約1週間で徐々に戻ります。
※術後の反応は、あくまで目安です。照射設定や肌質などにより継続期間は大きく異なります。
リスク・
副作用・
注意事項
・施術当日や赤みが継続している間はシャワー浴としていただきます。
・レーザー照射後は、お肌が乾燥しますので、保湿をしっかりと行ってください。
・レーザー後は色素沈着予防のため、季節を問わず日焼けをしないように注意してください。
・ごく稀に、かさぶた、水疱ができることがあります。その場合はクリニックにご連絡ください。
・ごく稀に、施術により一時的にニキビが増えることがあります。
禁忌事項 ・日焼けをしている、日焼けをする予定のある方
・妊娠中・妊娠の可能性のある方
・てんかん発作の既往歴のある方
・ケロイド体質のある方
・金製剤(抗リウマチ薬)の服用歴が一度でもある方
・ロアキュタンその他ビタミンA誘導体による治療中の方、および治療終了後6ヵ月以内の方
・近日中にレーザー、光治療、脱毛を施術部位にされた方
・施術部位に金の糸、その他金属、プロテーゼの挿入がある方
・施術部位に悪性に変化しそうな色素病変、肝斑のある方

フラクショナルレーザー治療(アブレイティブタイプ ※Type5)

施術内容 フラクショナルレーザー治療Type5(炭酸ガスフラクショナルレーザー)は、10,600nmの波長を持つ炭酸ガスレーザーで、微細なレーザー光をドット状に照射することで、皮膚を蒸散させ、周囲への熱影響を最小限に抑えながら、効果的にコラーゲン生成を促進させる治療法です。ニキビ痕の凹みを軽減させ、傷痕を目立たなくすることができます。また、しわ、毛穴、たるみなどに優れた効果が期待できます。
所要時間(目安) 麻酔クリーム約20分+施術10分(両ほほの場合)+冷却約30分
※別途、診察やご案内等のお時間が必要となります。
治療間隔(目安) 1回の施術でおおよそ10%程度の皮膚が入れ替わるとされているため、1~2か月おきに3~5回程度が推奨の頻度・回数とされています。※対象疾患・程度により個人差があります。
痛み [照射中]ジリジリ、ヒリヒリするゆな痛みがあります。
[照射後]強いほてり感、灼熱感があります。(冷却することで落ち着いていきます)
メイク 施術当日(処置後)は、スキンケア・メイクはできません。
(施術翌日から、洗顔・スキンケア・メイクが可能です。)
ダウンタイム
(術後の反応)
[照射直後]日焼け後のような火照り感や灼熱感が生じますが、1-2時間ほどで落ち着きます。
[赤み]照射直後より発生し、3日~1週間位継続します。
[腫れ]照射直後より発生し、1~2日位継続します。
[かさぶた]照射2日後より発生し、1週間から10日位で消失します。
※術後の反応は、あくまで目安です。照射設定や肌質などにより継続期間は大きく異なります。
リスク・
副作用・
注意事項
・当日の洗顔・洗髪・入浴は控えてください。
・施術前後は必ず日焼け止め(SPF35以上)をご使用ください。※施術直後(当日)は日焼け止めが不可の為、日傘、帽子、サングラスで日差しを保護してください。
・術後1週間はシャワー浴をお勧めします。
・スポーツやサウナ、飲酒等も施術部位の発赤があるうちは控えてください。
・稀に炎症後色素沈着を生じる可能性があります。
・極稀に、施術により一時的にニキビが増えることがあります。(一過性の反応です)
・レーザー照射後は、お肌が乾燥しますので、保湿をしっかりと行ってください。
禁忌事項 ・日焼けをしている、日焼けをする予定のある方
・妊娠中・妊娠の可能性のある方
・抗凝血薬、(レチノイド、アキュテインなど)を服用している方
・光増感剤(光線過敏症などを引き起こす可能性のある薬)を服用している方
・施術部位に金の糸やプロテーゼが入っている方
・皮膚に炎症がある方
・半年以内にヘルペスの既往歴がある方
・悪性腫瘍の疑いがある方
・感染症の既往症がある方(B型肝炎など)

恐れ入りますが当クリニックは完全予約制です。初診と再診でご予約の際の電話番号が異なりますのでご注意ください。

  • 初診の方はこちら

    03-5414-6000
  • 再診の方はこちら

    03-5414-6300

電話受付時間 10:00~20:00

初診の方限定 WEB予約はこちら【ニキビ・ニキビ跡・毛穴治療】

「初診(ニキビ・ニキビ跡・毛穴治療)」専用のWEB予約フォームです。
7日以上先の日程
をご希望の方にご利用いただけます。

※WEBからのお申し込み翌営業日中にコールセンターから[予約内容確認メール]を送信します。ご返信頂いた時点で予約確定となります。

※近いお日にちをご希望の方、再診の方、およびニキビ・ニキビ跡・毛穴以外の診療をご希望の方は、お電話にてご予約ください。

高見洋院長

監修者情報

高見洋(たかみひろし) 美容皮膚科タカミクリニック 院長

東京慈恵会医科大学医学部卒。慈恵医科大学付属病院皮膚科、および同大学レーザーセンター外来にて、アトピー性皮膚炎から皮膚癌、色素失調症(しみ、あざ等)等多くの臨床経験を積む。
1999年、“ニキビを短期間で治す”の想いから「タカミクリニック」を開設し、一般皮膚科領域に美容の観点を取り入れた診療を開始。以来、ニキビ・毛穴などの美肌治療から、レーザー治療・ヒアルロン酸注入によるエイジング治療まで幅広く提供する総合美容皮膚科の院長として、日本人はもとよりアジア人に最も適した美容医療を独自の理論で追及し続ける。