治療のご案内Our Service

ニキビ治療

オリジナル治療薬(自宅治療外用薬)

当院では、28万人※の治療実績を活かして、オリジナル治療薬を独自に開発しています。患者様の症状に合わせて様々な外用薬をご用意しており、自宅で本格的な治療がおこなえます。

※ 2008年~2018年の延べ人数

基本となる自宅治療外用薬

治療用タカミピール(20mL)

抗炎症剤などの薬剤や、複数の有効成分を配合し、美肌効果も兼ね備えた当院オリジナルのピーリング外用薬。
洗い流す必要がなく、塗布するだけの毎日使える化粧液タイプ。3種類の中から患者様の状態や肌質に合わせて処方いたします。

料金 各4,030円

ニキビ治療用ローション(80mL)

抗男性ホルモン薬に加え、植物由来女性ホルモン様成分、ビタミンC誘導体を高配合した治療用化粧水。角質層にうるおいを浸透させる化粧水の役割とニキビに効く薬を詰め込んだ切り札的治療薬。ストレスや生理前など女性ホルモンのバランスの乱れからできるニキビに効果的。治療とスキンケアが同時に行えるオールインワン処方。

料金 8,800円

その他の自宅治療外用薬

グリコール酸ピーリング(20mL)

肌のターンオーバーを正常にし、肌の再生を促進します。必ず患者様のお肌で濃度チェックを行い、6種類もの濃度の中から患者様の症状や肌質に合わせて最適な濃度を処方いたします。

料金 各4,400円

グリコール酸ピーリング(体用)(80mL)

肌のターンオーバーを正常にし、肌の再生を促進します。
ケアしづらい背中のニキビに塗布しやすいスプレータイプとなっております。

料金 7,980円

ニキビゲル(12g)

ニキビゲル(体用)

抗炎症剤などの薬剤や、複数の有効成分を配合し、美肌効果も兼ね備えました。症状の改善によりニキビが軽減してきた肌や、軽度なニキビにはもちろんのこと、全顔で使用することでニキビを繰り返さない肌質の改善にまで効果的です。洗い流す必要がなく塗布するだけで、毎日ご使用いただけます。塗るタイプのピーリングとして、皮脂線を小さくする効果があります。

料金 3,300円

レチノイン酸ゲル(5g)

レチノイン酸ゲル(ニキビ・ニキビ跡用)

ターンオーバーを正常にし、肌の再生を促進します。8種類もの濃度の中から患者様の症状や肌質に合わせて最適な濃度を処方いたします。

料金 各5,500円

CLローション(20mL)

CLローション

抗炎症剤配合ローション。
皮脂が原因のニキビに効果的。

料金 2,200円

皮膚再生軟膏(5g)

皮膚再生軟膏

皮膚の繊維芽組織の再生を促進。
ニキビ跡(傷)になりそうな時など、表皮が形成される手前の状態に使用すると効果があります。

料金 3,300円

【治療薬に関する詳細・注意事項】

注意事項/副作用
・治療薬は担当医師が診察の上、症状に合わせ処方をいたします。
・症状にあわせて外用薬の変更や使用方法の調整をしていきますので、医師から決められた通院ペースで診察をお受けください。
・処方された外用薬は、医師の指示に従い、用法・用量を守って正しくご使用ください。
・外用薬は一定期間、継続しての治療が必要となります。
・ピーリング薬やレチノイン酸ゲルは、正常な反応として使用開始後、赤くなる、かさつく、薄皮がむけるなどの症状が出ることがあります。
・体質によっては使用後に予期せぬ事が起こる可能性があります。お肌に異常を感じた場合はご連絡ください。
・ピーリング薬やレチノイン酸ゲルを使用される箇所は、その他のピーリング効果がある化粧品の使用は避けてください。
・外用薬に対する反応・効果には個人があります。
・外用薬は使用期限内にご使用ください。

※治療薬の処方には医師の診察が必要となります。
※当院はすべて税込価格表記となります。
【初診料】3,300円 【再診料】1,100円

恐れ入りますが当クリニックは完全予約制です。初診と再診でご予約の際の電話番号が異なりますのでご注意ください。

  • 初診の方はこちら

    03-5414-6000
  • 再診の方はこちら

    03-5414-6300

電話受付時間 10:00~20:00

初診の方限定 WEB予約はこちら【ニキビ・ニキビ跡・毛穴治療】

「初診(ニキビ・ニキビ跡・毛穴治療)」専用のWEB予約フォームです。
7日以上先の日程
をご希望の方にご利用いただけます。

※WEBからのお申し込み翌営業日中にコールセンターから[予約内容確認メール]を送信します。 ご返信頂いた時点で予約確定となります。

※近いお日にちをご希望の方、再診の方、およびニキビ・ニキビ跡・毛穴以外の診療をご希望の方は、お電話にてご予約ください。

高見洋院長

監修者情報

高見洋(たかみひろし) 美容皮膚科タカミクリニック 院長

東京慈恵会医科大学医学部卒。慈恵医科大学付属病院皮膚科、および同大学レーザーセンター外来にて、アトピー性皮膚炎から皮膚癌、色素失調症(しみ、あざ等)等多くの臨床経験を積む。
1999年、“ニキビを短期間で治す”の想いから「タカミクリニック」を開設し、一般皮膚科領域に美容の観点を取り入れた診療を開始。以来、ニキビ・毛穴などの美肌治療から、レーザー治療・ヒアルロン酸注入によるエイジング治療まで幅広く提供する総合美容皮膚科の院長として、日本人はもとよりアジア人に最も適した美容医療を独自の理論で追及し続ける。